生活応援! 家計・節約情報サイトの「家計ちゃんねる」

幼稚園から大学卒業までにかかる費用の目安は?

こどもの教育費用は、一体どの位掛かるのでしょう。

 

一般的に、子供一人を産むと、約1000万円の金額が掛かるなど言われていることが多いです。

 

が、それは実際に大袈裟ではなく本当で、子供一人あたりの教育費用はそれなりに必要となってきます。

 

 

ただ、私立、公立など、選ぶ進路によって金額の総額は結構変わってくるというのが実情です。

 

ここでは、幼稚園から大学まで行くとして、大体どの位の費用がかかるのか見ていきましょう。

 


sponsored link

 

幼稚園から大学までに必要な金額はどのくらい?

 

幼稚園についてですが、公立と私立に三年保育で預けた場合、公立は約70万円なのに対して私立は約150万円かかります。

 

私立幼稚園は、園によって保育料が結構変わるので、あくまでも平均値ですが、ここだけ見てもすでに倍以上の金額が私立ではかかっています。

 

 

小学校に至っては、公立だと約183万円、私立だと約853万円もかかります。

 

調べながら声を上げてしまうほどの衝撃です。

 

冒頭に触れた子供一人1000万円が私立のみだと幼稚園、小学校で軽くクリアしてしまう事になりますね。

 

 

そして中学校は、公立だと約135万、私立だと約388万円になります。

 

やはり私立は高いのですね。

 

高校になるとどうなるのでしょうか。

 

公立だと約116万円、私立だと約290万円になります。

 

結構な差が出ていますが小学校、中学校が凄すぎて高校の私立が安く見えてしまうようになりました。

 

 

そして、大学に行くとなると色々な選択が増えます。

 

まず、国公立費用は、約518万円です、文系の私立大学は、約690万円です。

 

そして理系の私立は約812万円になります。

 

この他、医学部や薬学部などに行くと更に莫大な金額がかかることになりますね。

 

 

また、大学生になると実家から通える範囲ならいいのですが、遠いと親元を離れて暮らす人も増えます。

 

その際もまだ学生ですから、家賃や食費や生活費を、親がねん出する必要も出てくる可能性があります。

 

という事で、冒頭に触れた1000万円という数字は全て公立(国立、県立など)で進路を決めた場合をモデルとした一般的な金額になるというわけです。

 

 

上記のケースですと、すでに幼稚園が私立のため、トータルとしても結構な費用が必要となっている結果になります。

 

全てが私立で通わせると言う事になれば、一人当たりおよそ2500万円かかる計算になるでしょうか。

 

家が一軒買えてしまいますね。

 

 

家計の本などには、高校進学までの教育費用は出来るだけ毎月の家計からねん出するようにと書かれていることが多いです。

 

そして、大学に進学するまでにある程度の資金を積み立てていくことがとても重要だと言う事です。

 

教育費用は、月日を味方につけて貯めていくのが理想です。

 

出来れば、お子さんが産まれたら学資保険や、絶対に手を付けない貯金を毎月積み立てるなどいざ進学時に慌てない体制を作っていくことが必要です。

 

 

 


sponsored link


関連ページ

学費の違う公立と私立。選ぶのは?
家計や節約に関する総合情報サイトです。家計や節約に関してのお役立ち情報を随時更新していきます。
子育てに意外かかる「おやつ代」?!
家計や節約に関する総合情報サイトです。家計や節約に関してのお役立ち情報を随時更新していきます。
子供にもかかる「お付き合い費用」とは
家計や節約に関する総合情報サイトです。家計や節約に関してのお役立ち情報を随時更新していきます。
教育費の節約も、文化的な支出は惜しまない
家計や節約に関する総合情報サイトです。家計や節約に関してのお役立ち情報を随時更新していきます。