生活応援! 家計・節約情報サイトの「家計ちゃんねる」

学費を踏まえて子供の進路を考えよう?!

子供が少し大きくなって、3歳くらいになると、まずは幼稚園にするか、保育園にするかで迷うかと思います。

 

ですが、少子化にも関わらず保育園はどこも一杯で入れないのが現状です。

 

保育園に入れないとお母さんたちは仕事に行くこともままならなくなってきます。

 

こうした現状を打開しようと自分の会社で独自の子供の託児所などを設置する企業も出てきています。

 

とはいえそういった現場で働ける女性はほんの一部にすぎません。

 

多分、皆さん自分のお子さんをいい小学校へ入れて、いい中学、いい高校、いい大学と考えていらっしゃる方は、少なくはないと思います。

 


sponsored link

 

私立? 公立? 選ぶべきは?

 

まず、私立の小学校へ入学するとピンからキリまでありますが、そこそこ有名な小学校となると初年度で100万円弱かかるところもあります。

 

しかし、私立の小学校へ入れるにはその前に塾に通わせてある程度のマナーを身につけなければなりません。

 

塾でかかる費用もバカにはできません。

 

今は、小学校からエスカレーター式に大学までいけるところもあります。

 

それか、小学校は公立にして、中学でいい中学を受けていい高校という進学の仕方もあります。

 

その場合、私立の中高一貫校を選択する手もあります。

 

 

しかし、私立の中高一貫校となると学費も小学校とは異なり、6年間で500万円強かかりこの金額は公立の中高でかかる費用と比べると5倍以上になっています。

 

でも、中高一貫教育のいいところは先生があまり変わらない事や、やはり大学進学への教育が徹底しているところです。

 

 

やる気のあるお子さんなら必ず伸びるでしょう。

 

そこで有名な大学を目指すお子さんは沢山います。

 

無事に国立の大学に合格できれば学費は安くてすみます。

 

 

それでもやはり、授業料だけでも50万円弱かかります。

 

私立に至っては80万円を軽く超えてしまいます。

 

なかでも有名私立となるともっとかかるところもあるのが現状です。

 

それに中高一貫校を受けるにはやはりここでも、塾通いは避けられません。

 

これからお受験を受けようとされている方はこうしたことも参考にして頂けると幸いです。

 

 

 


sponsored link


関連ページ

幼稚園から大学までに必要な費用の目安は?
家計や節約に関する総合情報サイトです。家計や節約に関してのお役立ち情報を随時更新していきます。
子育てに意外かかる「おやつ代」?!
家計や節約に関する総合情報サイトです。家計や節約に関してのお役立ち情報を随時更新していきます。
子供にもかかる「お付き合い費用」とは
家計や節約に関する総合情報サイトです。家計や節約に関してのお役立ち情報を随時更新していきます。
教育費の節約も、文化的な支出は惜しまない
家計や節約に関する総合情報サイトです。家計や節約に関してのお役立ち情報を随時更新していきます。