生活応援! 家計情報サイトの「家計ちゃんねる」

田舎でアパートを探す際の注意点とは

 

居住地が田舎になればなるほど生活をする上では、自動車が必需品となります。

 

そうなると、県外などの学生などが引っ越し先を決めようとする際には、土地勘があまりないため、安くて駅に近い、学校に近いなどといった感覚で家賃も安価な物件を選びがちです。

 


sponsored link

 

田舎で一人暮らしのアパートを探す時はここに注意!

 

この時にまず気を付けた方がよい事としては、学校などからの距離をきちんと確認しておくことと、電車や朝の通勤ラッシュなどで騒音が目立たないこと、
そして設備はしっかり整っているかなどがあります。

 

実際、学校などから少し遠い場所に位置している所で、家賃もそれなりの物件にいざ入居してみたものの、失敗したケースもあるようです。

 

あるケースでは、学校から歩いて20分くらいの場所に居住地が位置しており、距離的にも問題ないだろうと思い春先に入居。

 

しかし、少しずつ季節が移り夏季に入ると、蒸し暑さで学校まで徒歩で向かうのが辛い…。

 

また、冬季に入ると雪が積もる地域だったため、徒歩や自転車では到底20分では着かない…などという問題が後から起こってしまいました。

 

住む場所によっては、四季の在り方や環境の変化が違ってきますので、しっかりと下調べをする必要があります。

 

 

次に意識すべき点として、騒音問題があります。

 

人気が少なく、夜がとても静かなのは田舎のいいところですが、実際住んでみると車社会や電車の通勤ラッシュになると騒音であることが良くあります。

 

例えば朝7時を超える頃になると、アパートの社会人の方が一斉に仕事へ向かうため、足音やドアの開閉音で目が覚めてしまう、駅の線路沿いに位置していれば、早朝からその都度電車の音が気になってしまうと言うことにもなってしまいます。

 

ですから、いくら家賃が安いからといっても、周辺の環境などを考慮せず、安易に住居を決めてしまうことはお勧めできません。

 

 

最後に、安い立地でも良いアパートで、格安と言えるアパートが存在するのも事実です。

 

確かに事故物件などは安くて訳ありなのは分かりますが、それ以外の格安物件で気を付ける事としては、収納スペースの広さを注意してほしいと思います。

 

格安物件は比較的部屋を広く見せるため、収納スペースを削っている場合があります。

 

そのようなことを踏まえつつ言えることは、土地勘のない地域に引っ越す場合、まずは現地に赴いて部屋の細部まで確認し、実際に自分が生活するイメージを持ってみることが大切です。

 

その上で、受け入れなければならないリスクあるとすれば、しっかりとその辺りのデメリットまでもを考慮した上で、賃貸契約を結ぶ必要性があるのではないかと思います。

 

 

 


sponsored link


関連ページ

一人暮らしで支出を削っていくべき部分とは?!
家計や節約に関する総合情報サイトです。 お役立ち情報を随時更新していきます。
一人暮らしの節約はまず通信費から?!
家計や節約に関する総合情報サイトです。 お役立ち情報を随時更新していきます。
はじめての一人暮らし!初期費用はいくら必要?
家計や節約に関する総合情報サイトです。 お役立ち情報を随時更新していきます。
何かとお金のかかる新生活。知っておくべきことは
家計や節約に関する総合情報サイトです。 お役立ち情報を随時更新していきます。