生活応援! 家計情報サイトの「家計ちゃんねる」

何かとお金のかかる新生活。知っておくべきことは

新生活を始めるには色々とお金がかかります。

 

就職や進学などで誰もが人生で一度は経験する引っ越し。

 

ましてや初めての新生活は不安と期待で紙一重ですね。

 

新生活を始めるには、色々と手続きや準備が必要になって来ますが、必要な経費を挙げると家賃代・家電製品などの生活用品代・引っ越し代などと様々な経費が掛かります。

 

その他にも住居変更手続きや引っ越し先によっては、銀行口座の開設手続きなどが必要になります。

 


sponsored link

 

新生活を始める準備は意外と大変?!

 

また、生活するには、電気・ガス・水道が必要になりますが、民間の賃貸物件を借りるならそれらの手続きも加わって来ますし、その他にも色々とやる事が多く、計画を立てないで引っ越しを行うと必ずと言っていい程慌ててしまいます。

 

初めての引っ越しの時は、何も分からなくて色々な手続が多くて大変だった経験もありますが、色々な事が実体験できましたので、今になってみては良い勉強だったと思います。

 

引っ越し当日に慌てないためにも、ノートやパソコンなどで体系的に「やるべき事リスト」を作成すれば、イメージが湧きますのでスムーズに事を進める事が出来るのではないでしょうか?

 

その他に準備をしないといけないのが「お金」ですが、お部屋を借りる時は、一ヶ月の家賃だけでは借りれなく家賃以外にも、敷金が家賃2ヶ月、礼金が家賃1~2ヶ月掛ったりします。

 

また、お部屋を借りる時は、これもまた地方性があり関東地方と関西地方では異なって来ますので、初めてお部屋を借りる時には、インターネットや賃貸雑誌などで事前に調べておいた方がトラブルの防止にもなります。

 

その他に必要な費用は、電化製品などの生活用品代で、メーカーや機能などに拘ってしまうと高くついてしまいがちですので、引っ越しする前に一度は店に行って下見をしてから購入するのがベストですね。

 

また、引っ越し業者に引っ越しを作業を頼むと更にお金が必要となって来ますので、荷物の量が余り多くない場合や近場の引っ越しならば、友人に手伝いを依頼したりするのも一つの手法です。

 

何十万円と経費が掛かりますし、学生さんの場合は資金的にも余り余裕がない場合も多いかと思われますので、「働き出してから返す」と条件をつけて親に資金を捻出して貰う手段もあります。

 

社会人の場合は、少額でもいいから計画的に毎月継続的に貯金する癖をつければ、引っ越し代金は確実に貯まりますよ。

 

計画的に貯金をしていれば、突然の転勤などにも対処が出来ます。

 

引っ越しは、正に備えあれば憂いなし!というほど、計画性がモノを言いますね。

 

 

 


sponsored link


関連ページ

田舎で賃貸アパートを探す際には注意が必要
家計や節約に関する総合情報サイトです。 お役立ち情報を随時更新していきます。
一人暮らしで支出を削っていくべき部分とは?!
家計や節約に関する総合情報サイトです。 お役立ち情報を随時更新していきます。
一人暮らしの節約はまず通信費から?!
家計や節約に関する総合情報サイトです。 お役立ち情報を随時更新していきます。
はじめての一人暮らし!初期費用はいくら必要?
家計や節約に関する総合情報サイトです。 お役立ち情報を随時更新していきます。