生活応援! 家計情報サイトの「家計ちゃんねる」

光熱費節約は家計簿から原因を突き止める

 

光熱費って、どんな家族構成の家庭にも絶対に必要なものですよね。

 

だから、少しでも安いほうがいい。

 

でも暮らしは快適なほうがいい、ですよね。

 

けれどもこの光熱費って、寒暖の変化によって金額がバラバラ。

 

家計管理をする中で、予算の取り方が大変難しいです。

 


sponsored link

 

家計簿を付けて光熱費をコントロールしよう!

 

そんな時こそ、おなじみの家計簿の出番です。

 

節約といえば家計簿と結び付くことが多いのですが、家計簿をつければ節約できるというわけでは、もちろんありません。

 

前月や前年の家計簿から予算をたて計画の実現ができてこそ、節約に結び付くものです。

 

光熱費も、前年同月にかかった経費から今月の予算をたてる。

 

または、長く家計簿をつけている場合なら、前年度の実績を今年度分の1年分の光熱費としてキープしてそこから月々かかった金額を支払っていくなど、各家庭の状況に合わせて家計をコントロールできてこそ、成果があるものです。

 

 

2LDKに大人2人暮らしのとある家庭があり、光熱費の最低金額は12000円から最高金額20000円くらいとします。

 

月々細かくチェックして、この金額を上回ってしまうっている場合には、その原因を突き詰めます。

 

たとえばこのケースでは、冬のセラミックヒーターに思わぬ電気代が多くかかっていたのが発見されました。

 

対策として、セラミックヒーター使う時間をなるべく減らし、その代わりにコタツをフル活用することにしました。

 

するとどうでしょうか。

 

13068円から8647円と5000円近くも節約することに成功したのです。

 

もちろん、寒くてずっと震えて過ごしていたわけではありません。

 

充分に暖かな冬を過ごせたようです。

 

「セラミックヒーターのほうが、ファンヒーターより電気代がかからないと思っていた」このような思い込みこそ節約を邪魔する大敵です。

 

 

光熱費が多くかかっているものがあれば、いつもと少し視線をかえてみましょう。

 

その家電は適材適所となっているか、電気料金などのプランの見直しは必要ないかなど、1年に1度は光熱費全体を見渡すことが、生きたお金の使い方につながります。

 

 

 


sponsored link


関連ページ

電気代の節約はまずエアコンの掃除から
家計や節約に関する総合情報サイトです。 お役立ち情報を随時更新していきます。
通信費を節約するには、SIMフリーでOK?!
家計や節約に関する総合情報サイトです。 お役立ち情報を随時更新していきます。
スマホとパソコンの通信費を同時に節約には
家計や節約に関する総合情報サイトです。 お役立ち情報を随時更新していきます。
電気料金の節約は使用量の大きなものから見直そう!
家計や節約に関する総合情報サイトです。 お役立ち情報を随時更新していきます。
光熱費の節約向けて行う、まず2つのこと
家計や節約に関する総合情報サイトです。 お役立ち情報を随時更新していきます。