生活応援! 家計情報サイトの「家計ちゃんねる」

賃貸と持ち家、どっちにする? その特徴は?

 

自分が住む家を選ぶ時に、まずは賃貸住宅にするのか持ち家にするのかを選ぶ必要があります。

 

そこで、それぞれの特徴についてお話していきます。

 

 

まず、賃貸として住居を借りる場合ですが、メリットとしては費用が安い事が上げられます。

 

初期費用と毎月の家賃を主に支払っていく事になりますが、家賃が安い住宅を選べば、当然のことながら初期費用の支払いや長期的に掛かる住居負担は安く抑えることができます。

 

また、賃貸ですので、すぐに退去する事ができます。

 

後々に自分が気に入った賃貸住宅を見つける事ができれば、思い立った時に移住することも手軽にできます。

 


sponsored link

 

賃貸にはデメリットも。持ち家のほうはどう?

 

デメリットとしては、賃貸の場合は借りている家や部屋は自分の所有物にならないですので、長く住む場合は、自分の資産となる持ち家の方がお得になる事も多いです。

 

また、借りているものですので、傷を付けたり、何かを破損したりしますと、後で修理費用を支払う事になりますので、なるべく綺麗に住む必要があります。

 

 

次に持ち家として家を買う場合です。

 

購入金額は物件によってピンからキリまでありますが、新築でそれなりのマンションや戸建てを購入しようと思えば、購入費用は数千万円単位に及びますので、綿密な支払い計画と覚悟とが必要になってきます。

 

住宅ローンを利用できれば、購入費用は分割払いになってきますので支払い負担が軽減されますが、ローンを組む場合には、まず金融機関の審査がありますし、ローン金利などを考慮に入れながらの綿密な返済計画が必要となってきます。

 

 

持ち家の最大のメリットは、自分の所有物になる事です。

 

ですので、売却する時も自分にお金が入りますし、長く住める事も可能になってきます。

 

自分の所有物ですので、契約解除や退去などを強制されることもありません。

 

デメリットとしては、引越しが難しいという事です。

 

せっかく購入したのに、他の所に引越しとなると、今住んでいる家を売却するのかどうか迷ってしまいます。

 

なかなか、引越しを前向きに考える事ができない事があります。

 

 

以上のように、賃貸と持ち家にはそれぞれのメリットデメリットがありますので、自分に適した方を選ぶようにします。

 

ずっと同じ家で住みたいのであれば、持ち家の方が良いですし、転勤などがある場合は、賃貸の方が住みやすいと言えるでしょう。

 

 

 


sponsored link


関連ページ

家賃は誰が決めている? 値切ることはできるのか?
家計や節約に関する総合情報サイトです。 お役立ち情報を随時更新していきます。
バカにならない一戸建ての維持費用?!
家計や節約に関する総合情報サイトです。 お役立ち情報を随時更新していきます。