生活応援! 家計・節約情報サイトの「家計ちゃんねる」

寄付の限度額を把握してふるさと納税をうまく活用する

 

ふるさと納税とは2008年にスタートした制度ですが、自分の出身地や生活拠点のある地域に限らず、全国各地の都道府県や市区町村へ寄付することができ、寄付された自治体は収入が増えてうるおい、また寄付した側はその寄付金額の一部が所得税や住民税から控除されるというものです。

 

寄付により税金控除され、寄付した自治体からはお礼の品が送られてくることもあるため「実質2,000円の自己負担でその地域の特産品がお礼の品としてもらえる」と認識されている方も多いかと思います。

 


sponsored link

 

ふるさと納税の控除額の上限って?

 

まずふるさと納税をするにあたって最初にすることは、控除額には上限があるので自分がいくら寄付できるのかを知る必要があります。

 

収入や家族構成によって変わってきますが、多くのサイトで上限を計算できるものが掲載されているので利用するといいでしょう。

 

例えば50,000円が寄付上限なのに60,000円寄付してしまった場合、50,000円分が控除対象になるので48,000円は還付されて2,000円は自己負担、そしてオーバーした10,000円も自己負担となります。

 

上限を把握していないと超えた分は寄付そのものになるので、お得にやりくりしたいのであれば寄付限度額をまずは計算してください。

 

 

ただ、会社員の方などは年末賞与など最終的な年収が確定しないため、寄付限度額もあくまで目安です。

 

本当にギリギリを狙うのであれば、大まかな範囲で寄付をして、最後年末に微調整で数千円の寄付をする方法もあります。

 

高知県奈半利町は2,000円から寄付が可能ですし、ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」では多くの自治体が掲載され、地域や寄付金額、特産品などから絞り込んでいくことが可能です。

 

 

日本最大のサイトであるため掲載自治体数もお礼の品の数も充実しており、狙ったものを探すには一番適しています。

 

その他雑誌やテレビ等でもよく取り上げられているふるさと納税を上手に活用して、ふるさと納税生活を楽しむと良いでしょう。

 

 

 


sponsored link


関連ページ

シャワーヘッドの交換で水道代が25,000円の節約に?!
家計や節約に関する総合情報サイトです。家計や節約に関してのお役立ち情報を随時更新していきます。
食器洗い機で水道代と時間を節約!
家計や節約に関する総合情報サイトです。家計や節約に関してのお役立ち情報を随時更新していきます。
100円ショップにもあるアイテムで家計を節約!
家計や節約に関する総合情報サイトです。家計や節約に関してのお役立ち情報を随時更新していきます。
マイルを貯めて旅行のグレードをアップしよう!
家計や節約に関する総合情報サイトです。家計や節約に関してのお役立ち情報を随時更新していきます。