生活応援! 家計・節約情報サイトの「家計ちゃんねる」

介護が必要になった時の負担はどのくらい?

 

これから増え続けていくであろう介護問題、介護にかかる費用も個人によって様々あります。

 

老人ホームや介護施設、自宅介護にもお金がかかってきます。

 

近年介護保険制度ができましたが、要介護認定を受けて要支援や要介護の認定がおりれば、介護保険の利用が可能となり、決められた範囲で介護費用の負担が1割となって(所得が多い方などは2割負担のケースも)、実際の利用負担が軽減されます。

 


sponsored link

 

介護保険のサービスや負担の目安は?

 

介護保険の認定が得られたとして施設に入っても介護認定には更新がありますから、要介護が更新時認定されなかった場合は、自宅への退院か、他の施設への転院となります。

 

ご家族はそのたびに時間を作り、施設との話し合いや、ご本人様との話し合いで行く先を決めなければなりません。

 

介護認定を取得できるかできないかは、介護費用に大きくかかわってくるし、受けられるサービスも違ってきます。

 

 

老々介護となった場合、自宅介護が厳しくなるのは現実です。

 

アルツハイマー認知症で病院に入院するのにも20万から40万の費用がかかります。

 

ずっと入院となると、経済的に年金だけではかなり困難となり、その負担はご家族が背負っていくことにもなります。

 

お金がかかるからと、診察に行かないご老人もいらっしゃいます。

 

サービス付き高齢者向け住宅の入居費用を見てみると、施設により差があると思いますが、入居一時金・補償金30万円、毎月かかる費用として介護認定を受けている方で18万円、介護認定を受けていないと、月額37万円の自己負担になります。

 

入居一時金と合わせると、67万円もの負担になってしまいます。

 

介護付き有料老人ホームだと、入居一時金は数万円、月額12万から30万かかります。

 

これも施設により経済的な差がかなりあります。

 

入居費用以外に、おむつ代や医療費がかかってきます。

 

特別養護老人ホームは、より重度の方が入る施設ですが、入居時の一時金もなく、月額8万円から13万円で足りるようです。

 

他にも施設はありますが、各施設によって違ってくるし、介護認定にもより、介護の費用は全然違ってきます。

 

ご自分のご家族が、どのレベルで、終末の生活をどこで送るのかは、経済力により大きく違ってくるというのが現実のようです。

 

 

※上記の記事内容は情報の正確性を保証するものではありません。
  地域等によってもサービスや料金が異なる部分もございます。
  詳細は、行政窓口や各介護事業所等にご確認ください。
  免責事項について

 

 


sponsored link


関連ページ

高齢化、介護に備えて
家計や節約に関する総合情報サイトです。家計や節約に関してのお役立ち情報を随時更新していきます。