生活応援! 家計・節約情報サイトの「家計ちゃんねる」

賢く投資・資産運用をする方法は?

 

さて、将来に向けて賢くお金を増やそうと思うと、上手に資金を投資して、不労所得を獲得していくことが欠かせません。

 

しかしながら、「投資」と聞くと、つい身構えてしまう方も多いのではないでしょうか。

 

恐らくそう思い込んでいる方は、変な金融商品を勧められて大損したとか、リーマンショックのような世界的な金融危機で甚大な損害を被ったとか、投資=ギャンブルだとか、そういったネガティブな話やニュースを耳にして、手堅く銀行に預けておくのが一番、などと思っている方が多いのではと思います。

 


sponsored link

 

銀行への貯金も投資手段のひとつ

 

でも、実は、銀行に預けている行為そのものも投資のひとつなのです。

 

一定の信用がある銀行に皆さまはお金を預けますよね?

 

その預けられたお金、集められたお金を、銀行は個人や企業に貸し出したり、国債やその他金融商品に投資したりして運用します。

 

銀行はそうして運用益を得て、そしてお金を預けている預金者にも、金利を払うことで還元しているわけです。

 

ですから「銀行にお金を預ける」というごく自然の行為も、投資行動のひとつなのです。

 

もっとも銀行に預けている金額が1,000万未満であれば、ペイオフ制度によってこの預金は守られています。

 

が、それ以上の金額は仮に銀行が破たんしてしまったら、手元に戻ってこない可能性もあります。

 

つまり、1,000万円以上を同じ銀行に預けている方にとっては、銀行に預ける行為は、必ずしもノーリスクではないということになります。

 

 

投資は慎重で手堅い人ほど成功する?!

 

とは言え、一般的に株式投資や不動産投資を行うということは、ハイリスクハイリターンであることには間違いありません。

 

株式投資を例にすれば、毎日株価は変動しますので、その変動に合わせて資産も増えたり減ったりします。

 

そのような変動が激しいため、株式投資=ギャンブルみたいに思われている方も多いのかも知れませんね。

 

ただ、単に「投資をする」と言っても、その方法や商品は多岐に渡ります。

 

そうして「これは儲かる」とか「これなら絶対損しない」なんて商品はなく、リターンに応じてリスクも存在します。

 

ですから、投資は余裕資金で行い、かつ慎重でなければなりません。

 

あまり安易な考えで投資を行ってしまえば、それこそ大損したり、借金につながっていったりしてしまうことにもなりかねません。

 

そう考えると、これまで投資と聞くと身構えてしまうくらいの方の方が、手堅い資産運用をすることができるとも言えるのではないでしょうか。

 

 

このカテゴリーでは、「投資って、何?」「どういう投資の方法があるの?」など、投資全般についての記事をアップしていきます。

 

少しずつ記事を増やして行きますので、お付き合いして頂ければ幸いです。

 

 

 


sponsored link

 


投資・資産運用記事一覧

やさしい株式投資のはじめ方

資産運用のひとつ方法として、個人の方がもっとも分かりやすく、始めやすいのが、日本株式への投資だと思います。なぜなら、日本株式市場に上場している企業たちは、いわば私たちの身近に存在している企業だと言えるからです。例えば自動車ならトヨタ自動車や日産自動車、小売ならイオンやセブン&アイ・ホールディングス、...

≫続きを読む

 

純金投資っていつどうやるべき?

純金と聞けば、誰もがあの輝きと重厚感とを想像するのではないでしょうか。純金そのものを買ったとしても、コレクションとしてするのであればまだしも、純金そのものには利息が付くわけでもなく、価格の急激な値上がりも想定しにくいため、投資対象としてはやや取っつきにくい面もあります。しかし、例えば戦争や大規模な起...

≫続きを読む

 

投資にはどんな種類があるの?

今、手軽にできる副業として投資に注目が集まっています。サラリーマンの方で、投資を始めるという方はとても多く、投資で収益を得ている方も少なくありません。しかし、初心者の方には、どのような投資があるのかということなど分からないことも多いと思います。そこで、投資の種類や、メリットデメリットについてご紹介し...

≫続きを読む

 

リターンもリスクも大きいFX。初心者が注意すべき点とは?!

いろいろな投資がありますが、外国為替取引のFXはその中でも比較的新しい投資方法と言えます。普通の外貨預金と違って、FXでは持っている金額以上の取引ができるので、それだけ収益が上がるのです。FXを始めるにはFXをあつかっている会社に登録して口座を作る必要があります。身元を証明するために、免許証のコピー...

≫続きを読む