生活応援! 家計・節約情報サイトの「家計ちゃんねる」

貯金する方法や管理はどうしたら良いのか?

 

景気浮揚に向けた政策を政府や日銀が打ち出すも、一部の大企業を除いては実質的な給料がなかなか上がっては行かない昨今、税金や保険料などの支払いばかりが嵩んで、貯蓄に回す余裕などない…。

 

けれど、将来に目を向ければ、年金の支給額だけでは心もとなく、70歳、75歳まで働こうにも体が元気であれば良いのですがその保障はどこにもない…。

 

結局、自分の生活は自分自身で何とかしなければなりません。

 

また、元気で働けるうちに、将来に向けて出来得るだけの安心を確保しておく必要があります。

 

頼みの綱の年金制度だって、国債中心の資産運用を見直し、現在では株式やリートなどのかなりリスクが高い商品で資金運用されていますから、この制度が未来永劫続くとは、正直言い切れません。

 


sponsored link

 

貯金は余裕を生み出すもの。

 

そのためには、計画的な貯金計画とお金の管理が必須となってきます。

 

定年を迎えた時に一体どの程度の貯金があれば、自分の生活が成り立つのか?

 

また、どのくらいの貯蓄しておけば、想定外ことが起こった場合、例えば病気での入院や介護が必要になった時に困らないのか?

 

自分の生活水準や世間一般の統計などをもとにしながら、計画的にお金を貯め、またお金を使っていく必要があります。

 

もちろん、貯めるだけではなく、投資をしてお金を運用していくことも重要でしょう。

 

 

そして若い人にとっても、一定額を貯金しておくことは大切なことでしょう。

 

自分の趣味にお金を費やすこと、それはそれで良いのですが、一人暮らしを始める資金や、その先結婚したり、お子様が誕生したりすれば、その都度けっこうな出費があります。

 

また、若いからと言って病気にならないわけでもありません。

 

現代病と言われるうつ病などは、誰がなっても不思議ではありませんし、何らかの事故に巻き込まれる可能性もゼロとは言えません。

 

急に働くことが難しくなってしまうようなケースなどいくらでも考えられます。

 

そのような想定外の事態に陥った時に、それなりの預貯金、備えがあれば、当面の生活を凌ぐことができます。

 

 

さらに、万一の支えとして貯金を蓄えておくことによって、精神的にも余裕が生まれます。

 

貯金もなく、月々の生活費がカツカツで、家賃の支払いに困っているような状況では、友人とお茶をしたり、趣味を楽しんだり、音楽や映画に感動したりということが難しくなってしまうかも知れません。

 

精神的な余裕があるからこそ、豊かさや教養などを得る機会を創出でき、また感動を得ることにも繋がっていくこととなるでしょう。

 

ですから、そうした実生活上や精神面での余裕を作り出すために、貯金は少しでもあった方が良いと言えます。

 

このカテゴリーでは、貯金の方法や管理などについての記事をアップしていきます。

 

 

 


sponsored link


貯金・預金管理記事一覧

預金管理をきちんとする方法とは?

低金利時代の世の中、日銀総裁はマイナス金利の導入をし金融市場が揺れています。先行きの不透明な世の中、大切になって来るのは預金管理の仕方で、定期預金に長く預けていてもATM手数料以下の金利しかつかない現在、預金の一部は預金以外の商品にも目を向けるべき時代に突入しているのではないのでしょうか?今は利息が...

≫続きを読む

 

貯蓄の仕方はコツコツ貯める現状維持の方法でOK?!

ここ数年(10年前後)は、どこに貯蓄をしても一昔前のように金利だけでお小遣い稼ぎが出来るという事はよほど凄い額の金額を積んでいない限り無駄だと感じます。ですから我が家の貯蓄は以前と変わらず郵便局の積み立てと、以前より利用している銀行での積み立て貯金です。sponsored link (adsbygo...

≫続きを読む

 

小銭をコツコツ貯めるのも立派な貯金

小銭貯金と言えば、貯まるまでに時間がかかり、毎日財布の中の小銭を気にしながら貯めていくため、根気が必要で億劫な貯金方法だと思う方もいらっしゃるかもしれません。実際、小銭貯金を始めてみても、これが続かない方も大勢いらっしゃることかと思います。確かに、コツコツと時間をかけて少しずつ積み立てていく小銭貯金...

≫続きを読む